2005年06月24日

〜増税〜

百姓は生かさぬように殺さぬように…。

というのは、昔のお役人様や領主のセリフですけれど、現代に置き替えれば「百姓=サラリーマン」ということになりますね。まぁ、人口比率から言っても、昔は「百姓」が一番多かったし、今は「サラリーマン」が一番多いですしね。

で、役人どもが使える金が減れば、百姓からさらに年貢を取り立てたように、税収が減れば、サラリーマンから税金を巻き上げる訳ですね。
そう、 「増税」だそうです。
それもサラリーマンの所得控除を減らして、配偶者控除を無くし、さらに退職金にも増税と、明らかなサラリーマンだけを狙い撃ちの増税です。

ちなみに、自営業なら、必要経費は全額控除されますし、カミさんも専業従事者にした方がいいので、配偶者控除なんていらないし、退職金ももちろん無関係ですしね。そもそも自営業者は自民党の支持団体でもあるし、創●学●員も多いから、そんな人からは増税なんかする訳がありません。
もちろん、確定申告が必要な金持ちにも関係ないし、株の配当所得なんかは減税、という話もあるぐらいですからね。

という理由で、それでなくても貧乏なサラリーマンからさらに巻き上げよう、ということです。

そう、別にサラリーマンは「医師会」とかいった圧力団体も持ってないし、組合だってもともといい加減な上に自民党ではなくて、一応、民主党の支持団体ですからね。それに、そもそも普通のサラリーマンなんて選挙の投票そのものにも行きませんから…。
ということで、サラリーマンからならいくら巻き上げても、政治家も選挙で落ちる心配はないし、役人どもとか、金持ちや財界はそもそも痛くも痒くもない訳です。

こうして百姓サラリーマンは生かさぬように殺さぬように…政・財・官の食い物になっていく訳です。

サラリーマンの方々、残念でしたね。
まぁ、政治にも関心がないし、選挙にも行かなかった貴方たちの自業自得ということで、諦めてください。
もし悔しかったら一揆でも起こしてみたらどうですか?昔の百姓はそれくらいの度胸はありましたけれど…。

人気blogランキングへ

元祖ブログランキングへ



posted by DOC(ドク) at 19:38| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月21日

〜戦犯〜

あの戦争は侵略戦争ではありません。自衛の為の戦いだったのです。

今日、見たニュースで韓国の放送局の取材を受けていた、この戦犯の孫がこんなような事を言ってました。

もう一つ、自分のおじいちゃんが裁かれた裁判についても、『あれは正統な裁判ではありません。ただ戦勝国が戦争に負けた国に罪を全て押しつけた不当な裁判です』というような趣旨のことを言っていました。

で、これはおっしゃる通り。

「東京裁判」なんていうのは、茶番も茶番。勝った国が正義の名の基に負けた国を裁いただけのリンチに過ぎません。
そもそも侵略戦争遂行の責任を問う裁判だったとすれば、何で陸軍大将で首相の東条英機が死刑になって、全軍を統括していた「大元帥」で、なおかつ、「国家元首」であった、あの人が死刑どころか裁判にも掛けられなかったのでしょうか?

自分が使い道のある人間は残して、使い道のない人間だけを「戦犯」の名を着せて見せしめで殺した…要するに、あれは裁判を名を借りた「連合国」、とくに「アメリカ」のリンチでしかなかったということです。



で、もう一つの言い分。

『あの戦争は侵略戦争ではなかった。自衛の為の戦争だった』…これも正しいでしょう。

「ABCD包囲網」…実質的にはCには他国を包囲する力も当時はなかった訳で、正確には、イギリス・アメリカ・オランダという、当時、アジアを植民地としていた欧米列強による日本排斥によって、石油などの物資調達の道を絶たれた日本がやむにやまれず、自衛の為に起こした戦争、といってもいいでしょう。
はっきり言って、欧米列強、とくにアメリカは勢力を拡大しつつあった日本を潰す為に日本が自分達相手に戦争を起こしてくれるのを待っていた、と言っても過言ではありません。

ただし、これはあくまでも「太平洋戦争」の話です。


実は日本は1941年に真珠湾攻撃で始めた「太平洋戦争」の前に、もう一つの戦争をしていました。
それが1937年からの「日中戦争」です。

この「日中戦争」で日本が戦った相手は、中国であり、この戦争で間接的、直接的に被害を受けたのが、当時、日本に併合されていた朝鮮(韓国・北朝鮮)でした。
そう、こちらは「太平洋戦争」とは全く意味が違いますし、「太平洋戦争」では被害者(開戦の理由やアメリカによる東京大空襲や原爆攻撃も含めて)だった日本も「日中戦争」では、何一つ、言い訳も出来ない侵略者に過ぎません。

朝鮮半島を侵略し、中国を侵略し「満州国」という名の植民地をつくり、ついには「盧溝橋事件」という事件をでっち上げて中国と戦争を起こし、南京大虐殺を行い…ある意味、アメリカが日本にしたことと同じことか、それ以上のことを朝鮮や中国に対して日本はした訳です。

そう、「太平洋戦争」は自衛の為の戦争だったし、日本は加害者ではなくて、言わば被害者です。
しかし、「日中戦争」は単なる侵略の為の戦争だったし、日本は被害者ではなくて、加害者であり、被害者は中国と朝鮮(韓国・北朝鮮)です。

この全く違う二つの戦争を東条英機の孫も含めて、いまの日本人がごっちゃにしていることこそが問題なのかも。

日本はアメリカやイギリス、オランダといった「太平洋戦争」で戦った国に対しては謝罪する必要もありません(ちなみに、オランダは、未だにこの戦争のことを根に持っていて、反日感情が強いようですが、そんな奴はほっておけ、です)。

でも、「日中戦争」で戦った中国、そして、それに巻き込まれた朝鮮(韓国・北朝鮮)に対しては謝罪するしかないでしょう…『戦後60年もたってるのにいつまで文句を言ってるんだ』なんて言い方を彼らにするのは非礼な上に愚かです。

自分たちが欧米、とくにアメリカにひどい目に遭わされたことを忘れて、今やそんな国の「言いなり」になっているのがアホなだけで、中国や朝鮮のように罪もないのにひどい目に遭わされたことを60年やそこらで忘れない方が普通なんですから…。


人気blogランキングへ

元祖ブログランキングへ






posted by DOC(ドク) at 03:18| Comment(9) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月19日

〜詐欺〜

アホはどこまで行ってもアホ…。

ニュースを見ていたら何だかまた詐欺で掴まった奴がいるようです。

今回は社会福祉を目的とした「NPO法人」の認証を受けていた点が目新しいようですけれど…詐欺の中身は一緒。

何だか訳の判らない焼却炉とかキノコを使って『この商品に出資すれば半年でお金か倍になる』とか言って延べ二千人以上の会員から計二十二億円を集めていた、らしい。

で、笑えるのは…この詐欺で掴まった、あの変なヒゲのオヤジというのが、「平成小判」とかいう訳の判らない、同じような詐欺話で捕まった「KKC」とかいう団体のナンバー2とかナンバー3とかだった奴だとか。

で、もっと笑えるのは…今回の詐欺で騙された奴らは「八葉物流」とかいう、これも同じようなマルチ商法の詐欺話で騙された被害者が中心で、この「八葉物流」の元会員リストに載っていた被害者が、今回、勧誘されて、また被害に遭ったケースが多かったとか…ちなみに、今回の勧誘の売り文句は「八葉で損した金を取り戻そう」だったらしい。


こうなると騙す方も常連なら、騙される方も常連という訳で…もう騙される方が被害者で可哀相で、騙した方が悪いとかいう、単純な図式ではないですよね。
何度も騙される方は単なる「欲の皮をつっぱらかせたアホ」という訳で、自業自得。同情の余地も全くないわけ。

でも、よく考えれば、こんな話は他にもある訳で…

例えば、屋根とか瓦とか塗り替えとかリフォームとかの詐欺まがいの訪問販売が横行している訳ですけれど、こういった業者が真っ先に狙うのが、屋根に「●●ソーラー」の温水器が付いている家だとか。

そう、これも要するに一度、騙されたような奴は何度でも騙されるし、騙しやすいということなんですね。
つまり、屋根に某ヤクザ俳優のCMで有名になった所の温水器を置いてあるような家は「私は一度騙された、騙されやすいアホですよ」と知らない内に宣言して、悪徳業者を呼び集めている、ということ。

詐欺で誰かが捕まったとかいうと、捕まった奴が極悪非道で、騙された方が被害者だとみんな思う訳だけれど…結局の所、被害者だ何だ、といっても、世の中には「騙される奴は何度でも騙される」という現実と、「世の中にはそういうアホが沢山いる」という現実があるだけ。
もうしょうがないでしょう?いい加減、この現実を認めないと。


それに、例えば以前、問題になった「変額保険」なんてのは、詐欺事件としては摘発はされなかったけれど、それこそ一流銀行や保険会社が契約者を騙した、明らかな詐欺でしたからね。

その他にも「商品先物取引」、「外為先物取引」などなど「ハイリスク・ハイリターン」の金融商品なんていうのは、売る方はハイリターンの方ばかりを強調する訳だし、一種の詐欺みたいなものでしょう。

株だって、ある意味、「株は儲かる」なんて言われて、資金も知識もないのに始める奴が沢山いる訳だし、これも詐欺みたいなものだし…私がやっているパチンコだって詐欺だし…新興宗教も詐欺だし…コンビニも含めた「フランチャイズ商法」なんてのも、詐欺みたいなもんだし…世の中、詐欺ばかりといってもいいかも。

結局、こういうものも含めて、騙した方が悪いとか言ってもキリがないでしょう?
資本主義社会、自由主義社会なんていうのは、所詮は「弱肉強食」…頭が良くて騙した方が金を儲けて、アホなくせに欲の皮をつっぱらかせた方が騙されて金を損する…こんな図式で成り立っている訳ですよ。


実際の所は、今回の変なヒゲを生やしたオヤジに騙されて損をした人数や金額より、例えば「コンビニやりませんか?儲かりますよ」と言われて損をした人数や金額の方が遙かに多い訳ですよ。
ただ、前者は騙す方もアホだから詐欺事件として捕まるし、後者はもっと頭がいいから詐欺にもならず大儲けして、なおかつ、経営者は一流財界人にまで上りつめる、というだけの話。


アホはどこまで行ってもアホだし…そういうアホを騙すことで金持ちが誕生している。
これが所詮は現実ですからね。


人気blogランキングへ

元祖ブログランキングへ


posted by DOC(ドク) at 03:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月12日

〜年金〜

こんな奴らに年金なんかあげなくていいんじゃない?

先日、パチンコに行った時の話です。
必死に打っていたらなぜか椅子がガタガタ揺れ始めました。
うん?地震かな?
と思って、振り返ってみると…
そこにいたのはヨイヨイのジジイ

そう、そのジジイが私の椅子につかまっていた訳です。
ヨイヨイですからね…椅子に掴まらないと歩けない為に、人が座っている椅子に掴まりながら歩いている訳です。

実は、このパチンコ屋はあまり来たことはない店なんですが、改めて、周りを見回してみると、客はヨボヨボのジジイババアばかり。異常に年寄りの比率が高い…杖をついたヨイヨイのジジイだって、私の椅子に掴まって歩いていた奴の他に二人もいます。

でね。もう一度、場所を言います。
パチンコ屋です、病院でも市役所でもスーパーでも何でも無くて…パチンコ屋

最近は大型駐車場を備えたパチンコ屋も多いですけれど、この店は駐車場がない代りに、あるのが駅前、それもバスのターミナルの前ということで、クルマを使えないジジイやババアが来やすいから何でしょうね。

しつこいですけれど…もう一度、場所を言います。
このジジイやババアがわんさかいる場所は、パチンコ屋です…パチンコ屋。

このジジイやババアたちはもちろん、私のように金を稼ぐ為にパチンコ屋に来ている訳ではありません。遊びの為、パチンコで遊ぶ為にヨイヨイ、フラフラしながら来ているんですね。

えっ?パチンコ屋ならクーラーが効いていて涼しいし、涼みがてらに来てるのでは?…なるほど。
でも、今はインバーターやら何やらがついた省エネタイプとのエアコンが普及してますからね。家でクーラーをつけても電気代は1時間に数十円でしょう?そに対して、今のパチンコは1000円で10分も持ちませんよ?

で、このジジイやパパアたちがパチンコ屋に置いていく金がどこから出るかと言えば…「年金」

今まで自分が働きながら納めた「年金」なんだから何に使おうが自由なのでは?…なるほど。
でも、今の「年金」は貰う人が多すぎて、実際、いまジジイやババアが貰っている「年金」はいま働いている人の払った年金を使い込んで、さらに税金をつぎ込んでいるもの。
(もちろん、社会保険庁などの年金の無駄遣いや、制度や運用の問題、といった根本的な問題も「年金」にはありますけどね。)

例えば、よく似た話では…九州の筑豊地方などで、「生活保護費」の支払日になると、その金を持ってやって来る人でバチンコ屋が大盛況になる、なんて話もありますしね。

私自身は「生活保護」も「年金」も必要だと思いますし、「所得の再分配」という意味からも、防衛費や公共事業費を削っても社会福祉には金を掛けるべきだと思ってはいます。

でも、そのお金がパチンコ屋に流れるんじゃマズイでしょう。
バチンコで使う為に年金や生活保護をあげてる訳じゃなくて、あくまでも、どんな国民であれ最低限度でも文化的な生活を送る権利を守るために、あげているお金ですからね。

「文化的な生活」には間違いなく、パチンコ屋で遊ぶことは含まれませんから…そんな事に使うのなら、その分の年金は不要ですね、不要。


『18歳未満並びに年金・生活保護受給者の入店は法律で禁止されています』
…こういう看板がパチンコ屋の前にも必要じゃありません?

人気blogランキングへ

元祖ブログランキングへ





posted by DOC(ドク) at 16:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月08日

〜金儲け〜

どあつかましいアホ親もいたもんだ…。

で、このアホ親というのが、こちら
例の「躑躅事件」の両親です。

母親がすぐ脇にいながら、子供を背もたれのないベンチに座わらせておいて、子供が転げ落ちた拍子に躑躅の枝に刺さって死んだのは、ベンチに背もたれを作らずに、躑躅の枯れ枝をそのままにしておいた「公園」が悪いから金払え、だそうです。

誰が考えても、悪いのは「公園」ではありませんね。
背もたれのないベンチに座らせた母親、すぐそばにいながら転げ落ちるのを防げなかった母親の他に何が誰が悪い、というんでしょうか?


もし「公園」が悪いというのなら…

母親が子供の手を放した隙に転んで地面で頭を打って死んだら、悪いのは「道路」ですね。「道路」を舗装した「国」「地方自治体」が悪い!

母親が一瞬目を放した隙に子供が川に落ちて死んだら、どんなにデカイ利根川だろうが何だろうが川を暗渠にすべきだった訳ですね。「川」に蓋をしなかった「国」が悪い!

母親が子供の手を引いて歩いている時によそ見をしながら歩いている子供が止まっているクルマにぶつかって死んだら、クルマを止めておいた「運転手」も悪いけれど、駐車場を整備しなかった「国」「地方自治体」も悪いですね。後、そもそも「クルマ」を発明した会社、そう、「ベンツ」がそもそも悪い!…


アホらしいですね。本当に…。


子供が事故で死んで、自分が傍にいながら防げなかったことに母親もショックを受けているだろな、と思っていたら…これです。自分の責任を棚に上げて、金払え!ですからね。

今回の事故にしても、「回転ドア」の事故にしても、はっきり言えば悪いのは「子供」本人だし、「子供が何をするか判らない、危ない存在」ということを考えれば、つきつめれば「親」が悪い訳です。
子供を色々な危険から守って上げられるのは親しかいない訳ですからね…この親はその自分の責任を一体どんな風に考えているんでしょうかね?

まぁ、『子供が死んでラッキー!これで金が稼げる』と思ったのなら、ある意味、尊敬しますけどね…。

実際、アメリカなどでは、『ホンダの一人乗りバギーで3人かと4人乗って、事故に遭って、3人乗るなと注意書きに書いてなかったからだ』ということで何十億も裁判で金を巻き上げたり、『マクドナルドで自分がコーヒーをこぼしてヤケドして、コーヒーが熱すぎるからだ』と訴えて、同じく何十億も巻き上げた奴もいる訳ですから…今回の事件なんかも大チャンスです。

もし私なら6000万なんてケチ臭いことを言わずに、30億ぐらい巻き上げて一生遊んでくらしますね。

えっ?自分の子供の死で金を稼ぐなんて最低?
そうですか?この親、裁判で「逸失利益」…つまり、「子供が生きていれば自分たちが手に入れられた筈の利益」まで請求してますけど?もともと将来、子供に稼がせて自分たちは遊んで暮らすつもりだったじゃないんですか?

大体、本当に子供の死を悲しむ、まともな親なら子供を守って上げられなかった自分たちこそを責め、誰よりも自分たちに怒りを向ける筈ですからね…違いますか?


人気blogランキングへ

元祖ブログランキングへ


posted by DOC(ドク) at 02:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月06日

〜アジア〜

あんなぁ、日本人はアジアなんかに興味ないねん。

これは今晩、たまたま見た番組でのやしきたかじんの発言。

前評判とは違って視聴率どん底、大コケにコケ倒したこの番組を評して、彼がこう言った訳ですけれど、実際、この発言の後で紹介された「関西のオバちゃん」に聞いたというアンケートでも『ヨーロッパやアメリカのことを紹介してほしい』というものがあった訳です。

まぁ、「いまさら久米宏でもない」とか、「生でもないのにインターネットのTVチャットを売り物にしても…」とか、番組がコケた理由は色々とあるし、新聞・雑誌でも色々と取り上げられているものの、この『日本人はアジアなんかに興味はない』という理由ほど、納得出来た理由はありませんね。


歴史的に考えても…日本は明治時代になって「脱亜入欧」をスローガンにすることで、アジアの国の中で一番早く経済的及び軍事的発展を遂げた訳ですし、自国、ひいてはアジアという事に「誇り」と「アイデンティティ」を持っていた中国などの諸国は発展が遅れ、欧米の植民地と化してしまった訳です。

それどころか、アジアの国のくせに、『脱亜入欧=私の国はアジアじゃないもん。欧米の仲間だもん』と、いち早く言い始めた国=日本にまで侵略され、植民地とされてしまいました。

ある意味、この屈辱と反感がアジア諸国に根強く残る「反日感情」の原点になっているのは間違いないでしょう。

そして、この「脱亜入欧」意識は、今でも私たち日本人の中に根強くある訳です。
「私たちはアジアじゃないもん。欧米の仲間だもん」…そう、そんな日本人が「欧米」のことには関心はあっても「アジア」のことなんかに関心や興味がある筈がありません。

「韓流ブーム」なんてものも、所詮は「ジャニーズ・ブーム」と同じもので、日本人が本当に韓国を含めたアジアに関心や興味を持った訳ではないんです。

今でもやっぱり日本人は「アジア」ではなくて、自分たちの仲間である「欧米」にこそ興味や関心があるし、親近感と親愛の情を持っているんですね。


でもですね…。
本当に「日本は欧米の一員、仲間」なんでしょうか?

例えば、前にどこかで見たのですが、「アメリカのニュースで取り上げられる外国のニュースの90%以上はヨーロッパ諸国のニュースで、日本のニュースは数%に満たない」とかいう話もあるとか。
これはアメリカのニュースなら些細な出来事まで逐一、取り上げるし、「アメリカ大統領選」どなると、それこそ特番まで組んでしまう日本とは大違いです。
もちろん、ヨーロッパとなれば日本のニュースなぞはアフリカのニュース以上に取り上げられません。


そう、「欧米の一員、仲間」だと思っているのは日本だけで、ヨーロッパもアメリカも日本が自分たちの仲間や一員だとは全く思っていないし、大した関心も興味もない訳です。

彼らにしてみれば、日本は韓国やカンボジアやラオス、ベトナムと同じ「アジア」の国です。まぁ、こちらの考えの方が当たり前というか、事実なんですけどね。(ちなみに、もしアメリカやヨーロッパで「J]とか「A」なんて番組をやったら、これも大コケ間違いなしです。ハイ)

さらに言えば、欧米人にとって日本人は、他のアジア人と同じ、単なる「イエロー」です。
たとえ経済力があろうが何だろうが「イエローモンキー」は「イエローモンキー」に過ぎません。

例えば、第二次世界大戦で、アメリカはドイツと戦った訳ですが…アメリカ国内の日系アメリカ人を強制収容所に収容したのに対して、ドイツ系アメリカ人には何もしませんでした。もちろん、ドイツに親戚のいるアメリカ人も沢山います。

さらに、ドイツ本国に対しても、東京大空襲のような一般市民に対する無差別攻撃はしませんでした。
そう、例え一時的に「敵」として戦おうが、根本的にはドイツとアメリカ、ヨーロッパとアメリカは「同じ人種・同じ仲間」な訳です。


この仲間には、どうやっても日本は入れません。
まぁ、日本だけではなくて、他のアジアの国も、アフリカやアラブの国も入れない訳ですが…。

そんな根本的な事にも気づかずに、「私たちはアジアじゃないもん。欧米の仲間だもん」…と自分たちだけが思っている日本や日本人ほど滑稽で惨めなものはありません。
例えていえば、自分が人間だと思い込んでる犬や猫のようなものですかね。

もちろん、欧米人に比べてアジア人が劣っている、というような事を言うつもりはありません。
例えば、「ハーバード大学を卒業する学生を成績順で言えば、上位のほとんどは中国系と韓国系、インド系、そしてユダヤ系が占める」とも言われています。

そう、日本が地理的にアジアの国であり、日本人が人種として肌の黄色いアジア人である以上、私たちの誇りやアイデンティティも「アジア」にしかないのでのでは…?。

それを「欧米の一員」であることに誇りやアイデンティティを持とうとしている日本、そして日本人ほど無様で滑稽な存在はないのかも…その象徴の一つがアメリカの顔色ばかり伺って、アメリカのアホな大統領のご機嫌取りばかりしている日本の総理大臣ですかね。

そんな事をしているからこそ、欧米からはバカにされ、アジアからは嫌われる訳です…まぁ、人間だと思っている猿も人間からはバカにされるし、同じ猿の仲間からは嫌われるでしょうから…それと同じかも。
ウッキ〜!



人気blogランキングへ

元祖ブログランキングへ



posted by DOC(ドク) at 03:19| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月02日

〜メール〜

モテモテです。

そう、もういい加減長く生きてきましたけど、今までこんなにモテたことはないですね。
はっきり言ってすごいモテ方です。

今日だけでも、千秋に…ゆり恵子に…真美sanaちゃん…えーと、後は誰だっけ?

とにかく、主婦女子大生、看護士女社長、保母さん…職業も年齢も色々の女性が私とやりたいんだそうです。

例えば、真美さんなんて「29歳、年収1.700万円以上。T158・B83、CカップW58、H85」で、『今日会いたいんですが、直接連絡取れますか?車で迎えに行けます。』ですよ!その上、「逆援助希望」ですよ!
うーん、余程、やりくたて堪らないんでしょうね…。

でもね…


私は真美さんなんて逢ったことも、話したこともないんですけど…?

そう、千秋に…ゆり…恵子に…真美…sanaちゃん…みんな逢ったことも話したこともないのに…『逢いたい』とか、『欲求不満だから大人の付き合いがしたい』とか、『掲示板読んですんごく気に入っちゃいました』とか…メールでいきなり書いて来ちゃって…困るなぁ、本当に。








いや、本当に困ってる訳よ。






毎日、メールの受信トレイを開けば、ほとんどが、この手のメールで、「削除ボタン」をクリックするだけでもエライ時間がかかる訳…。

それに大体、オヤジを馬鹿にするのもいい加減にせい!

こんなしょうもないサクラだらけの出会い系だか、メアド集めのサイトだか何だか知らないけど、見たことも聞いたこともない女から「メールが来てます」と言われて、 鼻の下を伸ばして、そのURLをクリックすると思う訳?
いくらオヤジでもそこまでアホじゃないし、そこまで女に不自由してないわい!

しかし…こういったものも含めて、「スパムメール」は本当に何とかしないといけないんじゃないの?
前に読んだ記事では、『インターネットで送られているメールの95%はこのスパムメール』だとか。

ブロードバンドだ、光ケーブルだ、何だでインターネットの通信速度が早くなっても、結局はこういう大量のスパムメールがその容量のほとんどを占拠している訳だし…全世界的に取り締まらないとまずいんじゃないの?

日本も莫大な金を使って国連で常任理事国になる運動をするぐらいなら、国連で『スパムメール対策』をやるように運動をした方が国民…いや、世界の人々の為になるんじゃないの?

ねぇ、そう思わない?千秋に…ゆり…恵子に…真美…sanaちゃんも…。



人気blogランキングへ

元祖ブログランキングへ



posted by DOC(ドク) at 01:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。