2005年05月05日

〜バカ親〜

どんなバカでも親になれるって変じゃない?
…ということをシミジミと感じた一日でありました。

うん?これでは話が終わってる…か?

詳しく説明すると、今日は久々に「パチンコ」に行きました。ゴールデンウィークは釘が渋いもので、あまり行く気はなかったものの、そろそろ財布の中味も厳しくなってきたし…ここは少々、期待収支が低くても稼がないと、ということで行った訳です。そうそう、これでも一応、パチンコで稼いでるもんで。

うん?話がズレて来てる…か?

で、そのパチンコ屋での話。
ゴールデンウィークということで、店内は結構、混んでいたんだけれど…とにかく、やたら小さい子供がウロウロしてる。そう、バカな父親や母親、場合によっては二人揃って小さい子供を連れて、パチンコやパチスロを打ちに来ているということ。

ちなみに、競馬場などは未成年や学生は馬券を買えないだけで、未成年どころか子供が競馬場に立ち入るのは法的にはOK。
ただし、パチンコ屋は別。こちらは「風俗営業等の規制及び業務の適正化等に関する法律」というもので、「18歳未満の立ち入りは禁止」ということになっている訳で、パチンコやパチスロをやろうがやるまいが、パチンコ屋に入ること自体が法律的にNG。パチンコ屋が法律違反、ということになってしまう。

とは言っても、店の方も客商売だし、子供をクルマの中に置いておかれて殺されちゃうよりは店の中に連れて来て貰った方が安全、ということもあって、子供を連れての入店を黙認という所も少なくない。この結果、バカな親が子供を連れてパチンコ屋に来る、ということになる訳。

もちろん、店内でも親が目を放した隙にそういう事故や誘拐に遭う危険性もあるでしょう?

たとえそういう目に遭わなくても、パチンコ屋なんてタバコの煙でモウモウだし、私も必ず耳栓をしているように耳栓なしではすぐに難聴になるぐらい、やかましい場所…小さな子供の健康にいい筈がないでしょう?

それに今日、私が行った店なんか大きな川のすぐ横で、河原には立派な公園もある訳よ。そんな場所で公園に子供を連れて行くのならともかく、パチンコ屋に子供を連れてくるなんて親として失格でしょう?

さらに言えば、大体、パチンコを打ってる親自身が大バカ
金を稼ぐ為に打っているプロやセミプロと違って、パチンコやスロットの仕組みも知らないし、もちろん、勝つ方法も何も知らずにただ打っているだけ。もちろん、たまには勝つこともあるかも知れないけれど、トータルでは負けているのが確実だし、はっきり言えば、『休みの日に子供を連れて来てでもパチンコが打ちたくてたまらない』というのは、単なる「パチンコ依存症」

そんな親に育てられる子供がまともな子供に育つ、と思う?

そもそも、子供を育てる、ということは難しくて、大変なことじゃないの?もちろん、子供の教育という面以外でも…精神的にも、経済的にも、大変なことでしょう?
自慢じゃないけど、私なんて「親」になるなんて大それたことは出来ないから、子供なんて作ってないしね。

まぁ、私のことはどうでもいいけど…何で「休みの日に子供をパチンコ屋に連れて来るようなバカな親」がいる訳?
そもそも、どんなバカでも親になれるって変じゃない?

うん?これで一番最初に戻った…か?

とにかく…実際の所、どんなバカでもセックスさえすれば親になれる訳だし、そういうバカに限って何人も子供を作っちゃったりする訳よ。

国も、そんなバカな親どもにいくら少子化だからと言って「児童手当」とか出してもしょうがないんじゃない?
子供の頭数だけ揃えりゃいいってもんじゃないんだから、親の資格試験でもやってから手当でも何でも出すようにしたら、どうなのよ?


人気blogランキングへ

元祖ブログランキングへ



posted by DOC(ドク) at 04:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/3337288

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。