2005年05月06日

〜マスコミ〜

お前ら何様のつもりじゃ〜!

突然、怒りだしてしまいましたけど…最近、毎日のようにテレビを見ては、こう叫んでる訳です。あっ、嘘つきました。本当にテレビを見て叫んでたら、かなり危ないオヤジなんで、一応、声を出さずに心の中で叫んでます。

で、何に対して腹を立てているか、というとマスコミ、新聞やテレビの記者どもです。ハイ。
ほら、この所、毎日、例の福知山線の脱線事故でJR西日本が会見を開いていますよね。その会見ではJRの人間が社長も含めて、毎日・毎晩、マスコミの記者どもに袋叩きになっている訳です。

確かに、あれだけの事故があったのに、同じ電車に乗っていて救助活動をしなかった社員、それ以上に、そいつらに「出勤して来い」と命令した上司も問題だし、ボウリング大会をやっていた社員もどうかとは思いますけどね。

でも、ですよ。でも、何でそのことで、マスコミの記者どもにあんなに偉そうに会見で言われなきゃいけないのか?

そもそも本当に大切なのは、マンションの住人も含めて事故に遭った被害者や家族にどういう対策やケアをするか、ということだし、事故を二度と起こさない為にはどうすればいいのか、ということでしょう?

そのことで、連日、会見で突き上げられるのならともかく、ボウリング大会に何人出席したかとか、その内、何人が居酒屋で酒を飲んだか?とか、そんなことで、明け方までマスコミの記者どもに糾弾されなきゃいけないのか…こんな事は事故そのものと直接には関係のない話だし、そんなことを糾弾する暇があるのなら、JR西日本だけではなくて、国の規制や指導にも問題がなかったのか?とか、国土交通省の役人どもを追求したりする方が大切じゃない?
結局、マスコミなんて、この事故をきっかけに、それこそ重箱の隅の隅までつついて、JR西日本をバッシングする「ネタ」を探しているだけな訳ですよ。


そう言えば…
『あんた、遺族の所に挨拶に行く前にポケットに手を突っ込んで歩いてただろう?人が死んでるんだぞ、何を考えてるだ!』

この前は確かこんなことを記者会見で偉そうに叫んでいる記者がいましたけど…何これ?遺族の前でポケットに手を入れたまま謝罪した、とかいうのならともかく、遺族の所に向かう途中でポケットに手を突っ込むことのどこがいけない訳?そもそもそんなことを糾弾して何になる訳?もし『インキンでキン○マが痒かったもので』とでも言われたら、『人が死んでいるのにインキンになっている場合か』とでも糾弾するつもりだった訳?

大体、マスコミの記者どもに、そんなことを糾弾する資格がどこにある訳?
そういうお前らこそ、遺族と見ればマイクやカメラを向けて、無理矢理、口を開かせてJRへの恨み言を言わせたり、涙を流す顔を撮ろう、としてるじゃない?それが家族が死んでショックを受けている人間に対する仕打ちな訳?遺族に謝罪に行く前にポケットに手を入れることの方がひどいとでも言いたい訳?…人が死んだことを何とも思ってないのは、実は、あんたらの方だろう?

はっきり言って、新聞もテレビも雑誌も…マスコミは今回の事件を「食い物、飯のタネ」にしている訳ですよ。この事件を取り上げれば、部数も増えるし、視聴率も取れるし…それどころか、いまJR西日本のスキャンダルを見つければ大スクープですよ。

例えば、もし事故の当日に風俗とかに行っていたJR西日本の社員とかを見つけ出せれば、ボウリング大会以上のネタになるし、もしその風俗がSMクラブで、行っていたのが役員だったりしたら、ますます大スクープは確実でしょう?…よく考えればバカバカしい話だけど、これが「マスコミ」の本音だし、真実。

つまり、今回の事故で、美味しい思いをしているのは「マスコミ」だけ。
そんなマスコミの奴らになんで正義の味方づらをされなきゃいけないのか…
『何でそんなことであんたらに偉そうに言われなきゃいけないんだ!正義の味方づらするな!お前ら何様のつもりじゃ〜!ドアホ!』とか、JR西日本の社長が会見で言ってくれないもんだろうか…個人的にはかなりスッキリするんだけど。


人気blogランキングへ

元祖ブログランキングへ



posted by DOC(ドク) at 02:26| Comment(3) | TrackBack(3) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
地球規模で考えれば、一方で死者が出て、
一方で遊びに興じて美味いものに舌鼓を打つ。
こういう現象は日常茶飯事に起きているのでは?
ぼくも事故当日はビリヤードに興じてました。
ソマリア難民の飢餓や旱魃で日々死に行く子供達を見たら、
日本人(特に関西人)はまだまだ甘チャンだなぁと思います。
生きることだけに意味や価値を見出そうとするから、
中途半端なヒューマニズムに走りがちになるのでは?
死ぬこともまた意味があり価値があるもので、
生きているものは全て土に還り地球の一部になる。
自然現象(地震や旱魃、水害など)も地球が生きている証拠で、
人間もその一部(というか寄生虫?)に過ぎないのです。
これがごくごく自然な現象であり現実だと思います。
最近のマスコミの論調を見ていると、
そういう現実から逃避して他の事物に責任転嫁し過ぎなのでは
と熟々思います。
Posted by 自然淘汰 at 2005年05月06日 09:06
同感!同感!
自分もこのところTVでこの報道が始まるとチャンネルを変えていました。マスコミの姿勢の方が問題だと思います。公開いじめの様相を呈してきました。
ああいうつるし上げをしている記者は、正義の味方面してあれほど偉そうなんですから、過去に「くすり」とか「のぞき」とかオウム真理教に個人情報を流したりとかしたことのあるマスコミの人ではないんでしょうね。
Posted by MOTHMAN at 2005年05月06日 12:49
>自然淘汰氏
…ヒューマニズムの限界は私も感じています。
人間がこれだけ増え、人間の手によって環境がここまで破壊されると、「生」を無条件に讃えるヒューマニズムは百害あって一利なし。人間は死ぬことや子供を作らずに数を減らすことこそ、称賛されるべきかも。

>MOTHMAN氏
…「マスコミと30歳過ぎは信じるな」。これが私のモットーです。民放や新聞、雑誌は大スポンサーの悪口を言えず、N○Kは政府・与党の悪口を言えず、ただ溺れ掛けた犬を叩くだけの存在。

それどころか、例えば、前の戦争でも戦争中は「戦争反対」の一言も言えず、敗戦後に一斉に「戦争反対」を叫ぶようなマスコミに存在理由など、はなからないのかも。
Posted by DOC(ドク) at 2005年05月07日 00:04
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/3461714

この記事へのトラックバック

福知山線脱線事故に関するトラックバック
Excerpt: JR福知山線事故報道では,JR西日本幹部の会見における罵声記者,被害者や遺族に対するえげつない取材,JR西日本を悪者に仕立て上げる重箱の隅をつつく感情的な報道などマスコミの態度が目につきます。JR福知..
Weblog: マスコミの行動トラックバックセンター
Tracked: 2005-05-06 07:16

しどろもどろ会見の真相
Excerpt: 事故当日の午前9時半には1種A体制が敷かれていた。 これは列車事故で多数の死傷者が出たために全社を挙げて対応する必要がある事態に発令される。 ちなみに、天王寺車掌区には出動命令は出ていなかった..
Weblog: かきなぐりプレス
Tracked: 2005-05-06 09:32

JR西日本叩き 我々は何を望むべきか
Excerpt: JR福知山線の脱線事故に関するマスコミ報道は本筋とは関係ない天王寺車掌区のボウリング大会に集中しています。 ことの是非は言うまでもなく、JR西日本という会社の連絡組織の杜撰さ、社員の危機意識の低..
Weblog: 社長の本音日記
Tracked: 2005-05-06 16:13
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。