2005年05月12日

〜ご主人様〜

ご主人様と呼べ!

などと言う男にロクな男はいない訳ですよ、秋葉原のメイド喫茶に入り浸ってるアキバ・オタクとか、この事件の犯人とか…。

まぁ、この事件は別にどうでもいい事件とはいうものの、マスコミでSMとか何とかいうことも言われているので一応、同じ変態として触れておくことにします。

本来、「SM」「ご主人様」はイコールではない訳ですね。

SMの本来の定義は「性的対象に苦痛を与え、あるいは与えられることで性的満足をえる異常性愛」となっていて 、別名を「アルゴラグニー(苦痛嗜愛)」というもので、ホラ、どこにも「主従」とか「ご主人様」なんて言葉や関係性は出てこない訳です。

ただし、いまのSMは「ご主人様」が大はやり。
どいつもこいつも「ご主人様」だ、「愛奴」だ、とうかれていて、それが「SM」だとか、「SMは究極の愛のカタチ」とか何とか騒いでいるのは事実かも。
そんな勘違いSMの愛好者の中には、今度の事件のようなことを起こす奴も、『したい』と思っている奴もいるかもしれないけれど、そういうのがSMだと思われるのは遺憾だなぁ。

要するに、そういう奴らは「共依存」のなれの果てだし、SMという単なる変態(異常性愛)とは関係のないこと。

もちろん、「監禁」とか、「鎖でつなぐ」とか、「首輪をする」とか、「縛る」とか、「叩く」とか、「殴る」とか…そういう行為そのものはSMという変態としては当たり前のことだし、『それをしたい』と思う変態がいれば、『それをされたい』と思う変態も同じようにいるのも事実ですけどね。
でも、そんなものは「したい、されたい同士」ですればいいだけのことだし、そうすればこんな問題にはならない訳。
まぁ、行為が行き過ぎて相手が死んでしまって「傷害致死」なんてことはありますけど、それだって「したい同士、されたい同士」なら自業自得ですからね。

ところが、そういう単なる変態の行為と違って、「ご主人様」とかいう関係性、「共依存」にのっかかった関係性をSMに求めるようになると…そう、こういう事件はある意味、理想な訳ですよ…嫌がる女性を監禁して首輪でつないで、暴力をふるって調教して、ご主人様と呼ばせて支配して…ですからね。

まぁ、SMチャットなのか、普通の出会い系チャットなのかは判らないものの、そんな所をウロウロしてて、例え脅かされたにしろ、のこのこバカな男に逢いに行ってしまう被害者も被害者ですけれど、SMを「ご主人様」とか「主従」とかそんなものだと勘違いしているとこんな目に遭うこともある、という教訓にはなったのかも。

それにしても、この共依存の「SM」だけではなくて、大人の女性にモテない男の「ロリコン」とか、本来は、単なる変態、異常性欲である筈のものが、いとも簡単に他の理由で広まっている、いまの日本は一体何なんだろう?

人気blogランキングへ

元祖ブログランキングへ


posted by DOC(ドク) at 22:49| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/3597998

この記事へのトラックバック

少女監禁事件の容疑者、小林泰剛
Excerpt: 兵庫県赤穂市の無職少女=当時(18)=が約三カ月間、インターネットで知り合った男に監禁された事件で、無職小林泰剛(やすよし)容疑者(24)は逮捕直前まで、精神疾患を主張して札幌市の病院に入院していたこ..
Weblog: 話題のキーワード→(画像 動画 日記 セフレ 恋愛 出会い 出会い系 ライブチャット 失恋 ギャンブル 無料出会い 運 開運 出会 メル友 出会いサイト ブログ ダイエット ダーリン かおり)
Tracked: 2005-05-13 19:07
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。