2005年05月21日

〜オカズ〜

こいつら…何者?

オヤジとしては、よく判らない「存在」があって…それが「グラビア・アイドル」なる代物。

「アイドル」は判りますよ。山口百恵とか、松本伊代とか、キャンディーズとか…蘭ちゃん、好きだったなぁ〜…失敬。古すぎました。

いや、今でもモーニング娘とか、あややとか、上戸彩とか…個人的には全くどこがいいのかは判りませんけど、「アイドル」は判りますよ。
でも、その「アイドル」の上に「グラビア」がつく訳です、「グラビア・アイドル」ですから。

もちろん、「グラビア」は判りますよ…私だって「プレイボーイ」のグラビアを見て大きくしたなった年代ですから…アグネス・ラムにもお世話になりました。

でも、当時は「グラビア・アイドル」なんて言葉はなかった訳です。
「アイドル」は「アイドル」…何しろ清純が売り物ですから、せいぜい見せるのはミニスカートから見える脚ぐらい…乳はおろか、胸の谷間だって見せなかった訳です。
そう、ファンの方も大好きなアイドルの写真…それも単なるミニスカートの写真にお世話になった時も、行為後には『○○ちゃんを…汚(けが)してしまった…俺って何て奴なんだ…』などと、深い自責の念に苛まれていたりした訳です。まぁ、その1時間後には性懲りもなく、また同じ行為に耽っていたりした訳ですけど…。

ただ、それとは別に「オナペット」なる存在もありました。
名前の通り、「オ○ニーの友」ですね…これは「アイドル」とは全く違う、もう単なる「オカズ」。「頂きま〜す!」→「ごちそう様でした」の世界です。
まぁ、今の「グラビア・アイドル」も、ある意味、この「オナペット」と考えれば納得は行くんですけれど、どうも微妙に違うような…?

というのも、この「オナペット」なる存在は、ある種、日陰の存在ですからね…大手を振ってテレビに出られるようなことはなかったし、まして自分から胸を張って『オナペットしてま〜す!』なんて言う奴はいなかった訳ですけれど…今はテレビに出まくり!デカイ胸を張って誇らしげに『グラビア・アイドルしてま〜す!』って言ってるでしょう?

これってどうなんでしょう?

私自身は「風俗」にも、「風俗」で働いている女性にも全く偏見はないんですけど…直接的にしろ、間接的にしろ、男の「射精」で稼いでる、という意味では「グラビア・アイドル」とやらも「風俗嬢」も同じではないか?と…もちろん、どちらも立派な商売ですし、胸を張っても何の差し支えもありません。

ただ、「アイドル」をつけるのはどうか?と…もし「アイドル」をつけることで『私たちはアイドルよ、キャバ嬢や風俗なんかとは違うんだから…』というような意味合いや意識があるとしたら、大間違いなのでは?と思う訳です。

ちなみに、「グラビア・アイドル」の中でも、この女性はさらに判りません。
顔とか容姿にしても、M字開脚というお得意のポーズにしても…「オナペット」どころか、昔でいう「ビニ本」の名前も判らない三流ヌードモデルそのままなんですけど?
この人も「グラビア・アイドル」ですか?

インリン・オブ・ジョイトイ…名前からして「オカズ」ですよね?
いや、「オカズ」というより、「ジョイトイ」なんだから、モロにこれみたいなものか?…。

人気blogランキングへ

元祖ブログランキングへ



追記:いや、名前の居直り方といい、公式Webサイトのいかがわしさといい…いいですね。インリン・オブ・ジョイトイ…個人的にはかなり好きになりました。もう年が年なもんで「オカズ」には出来ませんけど…。
posted by DOC(ドク) at 13:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。