2005年06月06日

〜アジア〜

あんなぁ、日本人はアジアなんかに興味ないねん。

これは今晩、たまたま見た番組でのやしきたかじんの発言。

前評判とは違って視聴率どん底、大コケにコケ倒したこの番組を評して、彼がこう言った訳ですけれど、実際、この発言の後で紹介された「関西のオバちゃん」に聞いたというアンケートでも『ヨーロッパやアメリカのことを紹介してほしい』というものがあった訳です。

まぁ、「いまさら久米宏でもない」とか、「生でもないのにインターネットのTVチャットを売り物にしても…」とか、番組がコケた理由は色々とあるし、新聞・雑誌でも色々と取り上げられているものの、この『日本人はアジアなんかに興味はない』という理由ほど、納得出来た理由はありませんね。


歴史的に考えても…日本は明治時代になって「脱亜入欧」をスローガンにすることで、アジアの国の中で一番早く経済的及び軍事的発展を遂げた訳ですし、自国、ひいてはアジアという事に「誇り」と「アイデンティティ」を持っていた中国などの諸国は発展が遅れ、欧米の植民地と化してしまった訳です。

それどころか、アジアの国のくせに、『脱亜入欧=私の国はアジアじゃないもん。欧米の仲間だもん』と、いち早く言い始めた国=日本にまで侵略され、植民地とされてしまいました。

ある意味、この屈辱と反感がアジア諸国に根強く残る「反日感情」の原点になっているのは間違いないでしょう。

そして、この「脱亜入欧」意識は、今でも私たち日本人の中に根強くある訳です。
「私たちはアジアじゃないもん。欧米の仲間だもん」…そう、そんな日本人が「欧米」のことには関心はあっても「アジア」のことなんかに関心や興味がある筈がありません。

「韓流ブーム」なんてものも、所詮は「ジャニーズ・ブーム」と同じもので、日本人が本当に韓国を含めたアジアに関心や興味を持った訳ではないんです。

今でもやっぱり日本人は「アジア」ではなくて、自分たちの仲間である「欧米」にこそ興味や関心があるし、親近感と親愛の情を持っているんですね。


でもですね…。
本当に「日本は欧米の一員、仲間」なんでしょうか?

例えば、前にどこかで見たのですが、「アメリカのニュースで取り上げられる外国のニュースの90%以上はヨーロッパ諸国のニュースで、日本のニュースは数%に満たない」とかいう話もあるとか。
これはアメリカのニュースなら些細な出来事まで逐一、取り上げるし、「アメリカ大統領選」どなると、それこそ特番まで組んでしまう日本とは大違いです。
もちろん、ヨーロッパとなれば日本のニュースなぞはアフリカのニュース以上に取り上げられません。


そう、「欧米の一員、仲間」だと思っているのは日本だけで、ヨーロッパもアメリカも日本が自分たちの仲間や一員だとは全く思っていないし、大した関心も興味もない訳です。

彼らにしてみれば、日本は韓国やカンボジアやラオス、ベトナムと同じ「アジア」の国です。まぁ、こちらの考えの方が当たり前というか、事実なんですけどね。(ちなみに、もしアメリカやヨーロッパで「J]とか「A」なんて番組をやったら、これも大コケ間違いなしです。ハイ)

さらに言えば、欧米人にとって日本人は、他のアジア人と同じ、単なる「イエロー」です。
たとえ経済力があろうが何だろうが「イエローモンキー」は「イエローモンキー」に過ぎません。

例えば、第二次世界大戦で、アメリカはドイツと戦った訳ですが…アメリカ国内の日系アメリカ人を強制収容所に収容したのに対して、ドイツ系アメリカ人には何もしませんでした。もちろん、ドイツに親戚のいるアメリカ人も沢山います。

さらに、ドイツ本国に対しても、東京大空襲のような一般市民に対する無差別攻撃はしませんでした。
そう、例え一時的に「敵」として戦おうが、根本的にはドイツとアメリカ、ヨーロッパとアメリカは「同じ人種・同じ仲間」な訳です。


この仲間には、どうやっても日本は入れません。
まぁ、日本だけではなくて、他のアジアの国も、アフリカやアラブの国も入れない訳ですが…。

そんな根本的な事にも気づかずに、「私たちはアジアじゃないもん。欧米の仲間だもん」…と自分たちだけが思っている日本や日本人ほど滑稽で惨めなものはありません。
例えていえば、自分が人間だと思い込んでる犬や猫のようなものですかね。

もちろん、欧米人に比べてアジア人が劣っている、というような事を言うつもりはありません。
例えば、「ハーバード大学を卒業する学生を成績順で言えば、上位のほとんどは中国系と韓国系、インド系、そしてユダヤ系が占める」とも言われています。

そう、日本が地理的にアジアの国であり、日本人が人種として肌の黄色いアジア人である以上、私たちの誇りやアイデンティティも「アジア」にしかないのでのでは…?。

それを「欧米の一員」であることに誇りやアイデンティティを持とうとしている日本、そして日本人ほど無様で滑稽な存在はないのかも…その象徴の一つがアメリカの顔色ばかり伺って、アメリカのアホな大統領のご機嫌取りばかりしている日本の総理大臣ですかね。

そんな事をしているからこそ、欧米からはバカにされ、アジアからは嫌われる訳です…まぁ、人間だと思っている猿も人間からはバカにされるし、同じ猿の仲間からは嫌われるでしょうから…それと同じかも。
ウッキ〜!



人気blogランキングへ

元祖ブログランキングへ



posted by DOC(ドク) at 03:19| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

「A」1クール打ち切り決定か
Excerpt: 平均視聴率は7.9%。 超低空飛行を続ける久米宏の看板番組「A」の打ち切りが現実味を帯びてきた。久米本人が「もう降りたい。降ろさせてくれ」とスタッフに漏らしている様子で、視聴率と相談するまでもなく、..
Weblog: かきなぐりプレス
Tracked: 2005-06-19 13:09
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。