2005年07月02日

〜役人〜

権力は腐敗する…

誰だか忘れましたが、誰かの有名な言葉です。
同じような意味で、「組織は腐敗する」というのもありましたけれど、組織とか権力とか一度、出来上がったものは組織や権力が目指していた本来の目的を離れて、「組織や権力の防衛」だけを目的にする為に腐敗していく、ということですね。

例えば、総理大臣は総理になって日本をよくしたい、という本来の目的を離れて、総理大臣であり続けることだけを目標にするようになっていく、とか…政党は多数を握ることで自分たちの政策を実現していく、という目的ではなくて、多数党、与党であり続けることがたった一つの目的になっていく訳です。

で、「官僚」も自分たちに与えられた権力、許認可権とかを使って仕事をしていくより、その権力そのものを温存することがたった一つの目的になる訳です。
もちろん、彼らが存在する目的も「国民の福祉」とかではなくて「自分たちの組織と利益・権力の防衛」ですね。

例えば、官僚では「国や国民の為にどんな仕事をしたか?」とかいう事よりも、「天下り先や、OBが行ける特殊法人を一つでも増やした」という事の方が遙かに評価される訳です。
これも彼らは「自分たちの組織や権力の為に働いていること」を考えれば、当然ですね。

まぁ、「官僚」だけではなくて、組織なんてこんなものです。
民間企業で働くサラリーマンだって、結局は組織・企業の為に働いている訳ですからね。
例えば、厚生労働省の役人が厚生労働省の為に働いて、日本道路公団の役人が日本道路公団のOBの為に働いて何が悪い、ということかも。

だとすればどうすればいいか?

こんな話もあるようですが…まぁ、談合がとやかく言われているから一応、言ってみただけで、実際の効果は上がらないと思いますけどね。何しろ「天下り+談合」でいい目をしているのは官僚だけではなくて、財界も一緒ですから…。

ただ、「天下り禁止」というのは一番の方法ですよね。

もっと実効性のあるカタチにしなくては意味がありませんけれど、単純に『キャリア並びに管理職経験者の公務員退職後の就職を一切禁じる』という法律を作ればOK。
役所を止めた後は民間企業はもちろん、特殊法人などへの就職を一切禁止にすれば、いまの特殊法人の問題も含めた官僚の問題は全て一挙に解決です。

止めた後の旨みがない、ということになれば官僚のなり手も減るし、キャリアになるような優柔な人材が民間企業に流れるのはいい事だし、結果的には公務員の削減や人件費の抑制にも繋がるでしょう。役人の生活補償の為に、退職後の恩給とかをもっと充実させたとしても、総額で見れば安上がりになる筈ですよ。

特殊法人の問題も、「郵政民営化で特殊法人に流れている金を断ち切る」なんてもっともらしい事が言われているけど、そんな廻りくどいことをするより、これをした方が一度に解決するんじゃないの?

人気blogランキングへ

元祖ブログランキングへ




posted by DOC(ドク) at 15:54| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ブログ開設おめでとうございます!

アクセス数を上げるために当コミュニティサイトに登録しませんか?
http://profile.zmapple.com/cgi-bin/profile.cgi
より多くのひとに貴方のブログを見てもらえます。

参加するにはこちらからが便利です
http://profile.zmapple.com/cgi-bin/profile.cgi?mode=edit&title=%3FI%3F%3F%3FW%3F%3F%3F%3F%3F%3F%3F%3F%3F%3F%3F%3F%3F&address=http%3A%2F%2Fdokuoyaji%2Eseesaa%2Enet%2F


お問い合わせはコチラから
http://profile.zmapple.com/cgi-bin/fmail/cmfmail.cgi
Posted by みんなのプロフィール at 2005年07月18日 03:39
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/4801670

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。