2005年05月19日

〜迷惑〜

お前ら死ね!

今日は仕事で新幹線に乗って浜松に行って来ました。

で、行きの車内ではババア二人が大きな声で喋りっばなしだわ、若い女二人は何だか男の話でキャー、キャー言ってるわで、大迷惑。
帰りの車内では、6人組のサラリーマンのオヤジが缶チューハイを飲みながら大声あげっぱなしで、大迷惑、その上、後ろの席では、ガキがピーピー泣いてるし…まさに大迷惑。

で、冒頭のように思った訳ですね…お前ら全員死ね!と。

いや、もし私が超能力者だったら、全員の心臓を一瞬に破壊してますね、もしくは、北斗神拳の伝承者だったら秘孔を突いておいて、数時間後に爆発させるとか…マァ、残念ながら、超能力者でも北斗神拳の伝承者でもないので我慢しました。

ちなみに、先月も仕事で新幹線に乗った訳ですけど、その時は大騒ぎしながらドラゴンボールのキャラクターで「山の手線ゲーム」をやっているガキどもには『静かにしろ!貸し切りじゃないんだから』と文句は言いましたけど…今日は何組もいたんで、さすがに我慢してましたけどね…そう、何組もいると『みんな静かにしてるだろう』という決めぜりふが聞かない訳です、そいつらが静かにしても車内は騒がしい訳ですし…キリがない。

その帰りの車内で、ふと見たら、後ろの席のサラリーマンが携帯で話をしている訳です。

車内で携帯で話す…もう、これは「車内の迷惑とは?」というアンケートでも、いつもダントツ1位の迷惑行為です。
電車の中で携帯で話なんかしようものなら、確実にオバちゃんどもに、殺人でも犯した犯罪者のように睨まれます。オバちゃんが北斗神拳の伝承者なら確実にその場で秘孔をつかれてます…ブギュア!とか叫んで、その場で絶命です。

ところが…これが一番、迷惑ではなかった訳ですね。

マナーモードにしていたせいか、電話が掛かって来たのも判らなかったし、小さな声で喋っているせいか、騒いでいるオヤジどもの声とか、ビービー泣いているガキの声にかき消されて何も聞こえない。ただ、後ろを振り向いた時に気づいただけです。

そう、「電車の中での携帯」なんて大した迷惑じゃない訳ですよ。

ババアが二人、大声で喋っている方が余程、うるさいし、迷惑でしょう?そもそも、あいつら喋ってないと窒息して死んじゃう生き物だから乗ってから下りるまで喋りっ放しですしね。

ビービー泣いてるガキの方が迷惑でしょう?親が黙らそうとすれば、余計、泣きわめくし、あいつら自分のことしか考えてないから…他の人が迷惑でしょ?とか言ってもこたえませんしね。

女子高生どもが何人も「チョー」とか「マジ?」とか「ウザイ」とか「キモイ」とか大騒ぎしてる方が迷惑でしょう?お前らの方がよほどウザイわい。

酒飲んで、大声で喋ってるオヤジどもの方が迷惑でしょう?気は小さいくせに酒を飲んだ時だけ大きな声になって、上司とか部下の悪口を言ってる訳で…話の内容そのものも聞かされる方が迷惑。

ところがですよ…。
もしそんな車中で、マナーモードにしていて電話が掛かって来て、小声で『いま電車の中だから後で掛け直すから』とか、携帯でひとこと話をしたらどうなると思います?

今まで騒いでいたババアも、ガキの親も、女子高生も、オヤジどもも一斉に『なんて非常識で迷惑な奴だ!』といった視線で偉そうに、自分のことは棚に上げて睨む訳ですよ。

そう、どっちが本当に迷惑か?なんて事は関係ない訳です。
世間一般の常識として「車内の携帯電話は迷惑ナンバー1」となっているから、車掌がアナウンスでいうから、「ルール違反者」として、みんなが睨む訳です。

そう、そういう奴らが大切にしているのは「車内の携帯はいけない」という「ルール」であって、「他人に迷惑を掛けているか、いないか」という中味ではない訳です。

もちろん、電車の中で着信音は鳴るわ、携帯で大声で喋り続けるわ…こんなのは「ルール」とは関係なしに迷惑ですよ…でも、「ルール」では決まってなくても、「車内の携帯」より、車内で喋っているババアやガキ、女子高生、オヤジどもの方が迷惑な訳ですよ。

そう、大切なのは「ルール」ではなくて、「電車の中では静かにすること」でしょう?

その一番大切なことを考えようともしないで、ただ「車内の携帯はいけない」という決められた「ルール」だけを守ればいい、と思っているバカが多すぎるのかも…で、そんなバカは車内で何が迷惑ですか?とアンケートで聞かれると何も考えずに「車内の携帯」と答える…そんなバカどもこそ、全員、死んでほしいものです。

ちなみに、「携帯を近くで使うと心臓のペースメーカーが誤作動する」とかいうことを理由に上げるバカもいると思いますが…実際はそんな例は一例もありません。
もし近くで携帯を使われただけで誤作動するようなペースメーカーならテレビを見ただけで壊れます、電子レンジに近づいたら死にます。
そもそも、そんないい加減なものを心臓病の人には埋め込めません。

何でも他人が言うことや他人が決めルールを鵜呑みにするだけではなくて、少しは自分の頭で考えてみたら?



元祖ブログランキングへ


人気blogランキングへ


posted by DOC(ドク) at 01:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月18日

〜痴漢〜

男性専用車両こそつくるべきでしょ?。

今日は仕事で、東京へ行った訳ですけれど、ホームに見慣れない「女性専用車両」なる表示が…。
そういえば、首都圏でも最近、この「女性専用車両」とかいうものが導入されたらしいけれど…まぁ、何だかホームの端の方で使いにくそうだけれど、痴漢に遭うのがいや、という女性は使ったらいいんじゃないの。

でね。
思った訳ですよ…今頃、こんなものを作るのなら、それより「男性専用車両」を作ってほしい、と。

確かに昔は、電車の中で女性が痴漢に遭っても、泣き寝入りだった訳ですよ。
駅員も警官だって、ろくに相手にしてくれないしね…ある意味、触られ放題。下手すれば、駅員とか警官にニヤニヤしながら『あんたがそんなミニスカートをはいてるからいけないんじゃないの?』みたいなことを言われたりしてね。
そう、そんな時代には「女性専用車両」が、それこそ必要だった訳。

ところが、時代は変わったでしょう?

いまは警察も鉄道も一緒になって「痴漢・盗撮撲滅統一キャンペーン」なんてキャンペーンをやってるように、電車の中で痴漢に遭った女性が、男の手でも掴んで『痴漢です!』と一声、叫べば、周りの乗客だってほっておかないし、駅員だって警官だってちゃんと対応してくれる訳。
痴漢の件数が増えているというのも、警官や駅員が女性の訴えを取り上げるようになったからで、増えているのは実際の件数ではなくて、事件として認知された件数でしょう?

で、ここからが問題。
こういう時代になったからこその大問題が実は起きている訳ですよ…それが「冤罪」

そもそも混んだ電車の中で、誰が触っているか、というのは特定しにくいことだし、もし間違って違う人の手を掴んだり、振り返って自分の後ろの人だと思って『この人、痴漢です!』と女性が叫んだらどうなると思う?

『いや、私じゃない』といくら言ったって、誰も聞いてくれない訳ね…まして、いかにも痴漢をしそうなオヤジなんて無理、無理。結局は、電車を降ろされて、駅員と警官に吊るし上げられて留置場行き。

そこでも『無実だ』とか叫んでいれば、いつまでも留置場。留置場にいれば、もちろん、会社にもいけない訳だし、下手をすれば会社はクビ。
もちろん、『大した罪じゃないんだし、認めればここから出られるんだから』とか言う取り調べ官の甘言に乗って、罪を認めれば、これまた結局は会社にバレてクビ。

そもそも、こんな事件は大した犯罪じゃないから「冤罪」だろうが何だろうが、警官だって犯人検挙の数さえ増えればいいし、大した事件じゃないから弁護士だって、ろくに相手にもしてくれない訳。

それにそもそも、混雑した電車の中で、その人が痴漢をしたのか?しなかったのか?ということを判定したり、証拠を見つけることはとても難しいでしょう?

だからこそ、昔は、女性がいくら『痴漢に遭った、この人に触られた』と言っても「証拠がない」という理由で泣き寝入りをさせられたし、今は男性が『私は触ってない、無実だ』と言っても「触っていない、という証拠がない」という理由で、ひどい目に遭う訳よ。

前に見聞きした例でも、この冤罪を晴らす為に、わざわざ電車の実物模型を作って、その中に事件の時と同じ数の人たち、同じような身長の人たちを集めて実験して、「被害者と被疑者の身長差で触れない」ということを証明してやっと冤罪が晴れた、というのがあったけど…このケースなんかは、莫大なお金を使って、なおかつ、家族や友人、会社なども含めて、みんなが揃って協力してくれたからこその珍しいケースでしょう?

ほとんどの場合は、女性が『この人、痴漢です!』といった時点で、触っていようが、いまいがアウト。
たとえ、本当はしていなくても、無実を訴えれば、いつまでも警察に留置されて会社はクビ。罪を認めれば認めたで、もちろんクビ…いずれにしても人生破滅が待っている訳ですよ。

確かに、痴漢に遭う女性は不快だし、辛いとは思いますけど…痴漢に間違われたオヤジは人生破滅ですよ?

それどころか、最近は、それを見越して痴漢の被害者を装って、オヤジから金を巻き上げる女子高生や、とんでもない女もいるみたいだし…金目当てでなくても、「電車の中で携帯で喋っているバカ女を注意したら、そいつに嘘をつかれて、電車を降りた後で痴漢として捕まった」なんて実例もあるみたいだし…

痴漢に触られて厭な思いをする女性を守る為の「女性専用車両」を作るより、今こそ痴漢の冤罪からオヤジの人生を守る為に「男性専用車両」を作るべきじゃない?
少しはオヤジの人権だって守ってよ!


人気blogランキングへ

元祖ブログランキングへ





2005年05月17日

〜ニュース〜

羨ましいやら、アホらしいやら…。

まぁ、年齢が年齢ですから、オヤジですから、一応、新聞ぐらいは読む訳です。テレビでもニュース番組をよく見るし、ネットでもYahoo!のニュースとかは必ず見ますしね。

だからどうした?と、さりげなく自分でツッコミを入れつつ、今日、見聞きしたニュースの感想を言えば上のようになる訳です。

羨ましいといえば、もちろんこれ
サラリーマンで給与が100億円って?同じ年代のオヤジとしては羨ましすぎて想像もつきません。

私自身はサラリーマンではないものの、大学の同級生なんかみんなリストラされてるか、家のローンを抱えて肩たたきに耐えながら日本全国、転々としているとかいう奴ばっかりですからね。

まぁ、長者番付で親が金持ちとか、土地成り金とか言うのは別世界の出来事と割り切れる訳ですけど…サラリーマンのオヤジがトップとか言うとねぇ。
同世代としては何ともかんとも言葉がない訳で…きっと今夜はカミさんの氷のように冷たい視線を浴びながら飯を喰った、というサラリーマンのオヤジが多いんだろうなぁ。

で、こんなものは私もコメント不能。

で、アホらしくなったのは、こちら

折角、地裁が良心的というより当たり前の判決を出したのに、高裁に行ったら、結局、これ。
「諫早湾の干拓と漁業被害は関連があるけど、干拓工事差し止めはダメ」span>って…要するに、これは「国が決めた事だからダメ」というだけの理由。

国とか行政に対しての裁判って、いつもこのパターン。地裁では当然の判決が出ても、高裁、若しくは、最高裁で逆転して、結局は国の勝ち。

例えば、毎回、選挙が終わった後にある「一票の格差」の裁判でも、何回も最高裁は「違憲状態にある」とかは言っているものの、「選挙そのものは有効」という判断。違憲状態で行われた選挙が有効なんて、子供が考えてもおかしな訳で、要するに、これも「国がやった事、決めた事だからダメ」ということ。

もういいのよ。

最高裁だ、司法だ、とか言ったって、所詮は、国がやってることなんだから、国のやった事はダメなんて判決を出す訳がないんだから…もう「三権分立」なんてアホなことを言ってないで、みんなグルだってことを認めたらどう?
それで、「お上にたてつくような裁判は受け付けない」と言えば、余計な時間もお金も掛からないじゃない?

民主主義とか三権分立なんてお題目を唱えたって、世の中には、いつだって「国、お上」「国民、下々」しかいないんだから。

いっそのこと「税金」も「年貢」とか名前を変えたらどう?
「長者番付」じゃなくて「年貢番付」の方が本当の上下関係がはっきりしていいかも…。


人気blogランキングへ

元祖ブログランキングへ


2005年05月16日

〜年寄り〜

股関節が痛い…。

いや、自分でも何だかビックリしたんですけど、昨日ぐらいから痛い訳です、股関節が。
年齢のせいか、運動不足か、膝の関節は前から痛かったんですけどね…ちなみに、掛かった医者かヤブすぎて、膝は未だに原因は不明。痛風じゃないし、リウマチじゃないし、軟骨がすり減る変形関節症でもないし、神経痛でもなさそうだし…。

で、今度は股関節に来ました。
大体、股関節っていう関節自体が何だか痛くなりそうもないイメージがあるでしょう?
ちなみに、ある女性から『エッチをした後には股関節が痛くなる』という話も聞いたことはあるものの、それって単にアクロバッティクな体位で頑張り過ぎるからでしょう?うん?脚を開き過ぎるからかな?…(妄想中)…大体、私はしてないぞ、そんなもの。

まぁ、いずれにしても膝とか肘と違って「股関節が痛い」っていうことが今ひとつリアリティがない訳です、自分自身でも…。

ただ、一つだけ頭に浮かんだのが大腿骨頭壊死という病名。
いやぁ、これはかなり恐い、大変な病気なんですけどね…一瞬、ビビリました。

で、よくよく考えてみたら、どうもこの病気の症状とは違うし、私には当てはまらない訳で…改めて、痛い場所を探してみたりしたら…どうも正確には痛いのは股関節ではなくて、太腿の内側の筋肉のような気がしてきて…いや、間違いない。痛いのは「股関節」ではなくて、内転筋ですね。

では、なぜそんな所が痛いのか?別に運動をした訳でも、SMやエッチをした訳でもないのに…?
うーん…要するに、痛い膝を無意識にかばったりしている内に他の所が痛くなった、というパターンのようですけれど、ここで気がついたのが「年寄り」

「年寄り」は体中、アチコチ痛いし、膝も伸びなければ、背中も曲がって、脚は引きずるわ、走れないわ、階段は上れないわ、何だか体中の関節にも筋肉にもガタが来てる訳で…これですよ、これ。
どっかがダメになって、それのせいで次はどこか、と、次々に体中がボロボロになっていく訳で、私と同じ。

そう、要するに年を取ることというのは、結局、こういう事だった訳です。
いやぁ、知らなかったなぁ…アハハハハ。

人気blogランキングへ

元祖ブログランキングへ




2005年05月12日

〜ご主人様〜

ご主人様と呼べ!

などと言う男にロクな男はいない訳ですよ、秋葉原のメイド喫茶に入り浸ってるアキバ・オタクとか、この事件の犯人とか…。

まぁ、この事件は別にどうでもいい事件とはいうものの、マスコミでSMとか何とかいうことも言われているので一応、同じ変態として触れておくことにします。

本来、「SM」「ご主人様」はイコールではない訳ですね。

SMの本来の定義は「性的対象に苦痛を与え、あるいは与えられることで性的満足をえる異常性愛」となっていて 、別名を「アルゴラグニー(苦痛嗜愛)」というもので、ホラ、どこにも「主従」とか「ご主人様」なんて言葉や関係性は出てこない訳です。

ただし、いまのSMは「ご主人様」が大はやり。
どいつもこいつも「ご主人様」だ、「愛奴」だ、とうかれていて、それが「SM」だとか、「SMは究極の愛のカタチ」とか何とか騒いでいるのは事実かも。
そんな勘違いSMの愛好者の中には、今度の事件のようなことを起こす奴も、『したい』と思っている奴もいるかもしれないけれど、そういうのがSMだと思われるのは遺憾だなぁ。

要するに、そういう奴らは「共依存」のなれの果てだし、SMという単なる変態(異常性愛)とは関係のないこと。

もちろん、「監禁」とか、「鎖でつなぐ」とか、「首輪をする」とか、「縛る」とか、「叩く」とか、「殴る」とか…そういう行為そのものはSMという変態としては当たり前のことだし、『それをしたい』と思う変態がいれば、『それをされたい』と思う変態も同じようにいるのも事実ですけどね。
でも、そんなものは「したい、されたい同士」ですればいいだけのことだし、そうすればこんな問題にはならない訳。
まぁ、行為が行き過ぎて相手が死んでしまって「傷害致死」なんてことはありますけど、それだって「したい同士、されたい同士」なら自業自得ですからね。

ところが、そういう単なる変態の行為と違って、「ご主人様」とかいう関係性、「共依存」にのっかかった関係性をSMに求めるようになると…そう、こういう事件はある意味、理想な訳ですよ…嫌がる女性を監禁して首輪でつないで、暴力をふるって調教して、ご主人様と呼ばせて支配して…ですからね。

まぁ、SMチャットなのか、普通の出会い系チャットなのかは判らないものの、そんな所をウロウロしてて、例え脅かされたにしろ、のこのこバカな男に逢いに行ってしまう被害者も被害者ですけれど、SMを「ご主人様」とか「主従」とかそんなものだと勘違いしているとこんな目に遭うこともある、という教訓にはなったのかも。

それにしても、この共依存の「SM」だけではなくて、大人の女性にモテない男の「ロリコン」とか、本来は、単なる変態、異常性欲である筈のものが、いとも簡単に他の理由で広まっている、いまの日本は一体何なんだろう?

人気blogランキングへ

元祖ブログランキングへ


2005年05月11日

〜国民〜

アホばっかり…。


この前、福知山線の脱線事故のことで「マスコミ」をぼろくそに言った訳ですけど、アホはマスコミだけではないみたいでこんな話があるらしい…要するに、JR西日本の運転士とか車掌とかがアホな乗客どもに罵声を浴びせられたり、殴られたり、蹴られたりしているらしいけれど、憂さ晴らしか、正義感ぶってるのかは判らないけれど、事故に関係のない下っ端を苛めるのはピント外れだし、そもそも一体そいつらは何様のつもりなんだろう?

もちろん、線路に自転車や置き石を置いたりなどとなると、あんな事故があったばかりなのにアホを通り越して頭の中がカラッポとしか思えない。

こういうアホどもは、それこそマスコミが盛んに報道している「不適切な何とか」という事故には全く関係のないニュースを見聞きして、「JRはとんでもない!」と怒っているんだろうけれど、こういうアホがいるからマスコミも正義感ぶって、誰がゴルフをしていたとか、宴会をしていたとか、つまらない事を煽りたてている訳。
まるで「ニワトリと卵」…マスコミがアホだから国民がアホになったのか、国民がアホだからマスコミがアホになったのか?

それに、こういう自分の頭で考えたり、判断できずに、すぐマスコミに踊らされる付和雷同型のアホが一番手に負えない。

昔、関東大震災の時に「朝鮮人が井戸に毒を入れた」というデマに踊らされて、罪もない朝鮮人を皆殺しにしたのも、こういうアホ。
戦争中は、マスコミと一緒になって戦争に反対したり、疑問を持つ人間を「非国民」となじっておきながら、戦争が終わった瞬間にまたまたマスコミと一緒に「戦争反対、平和、平和」と大声で叫びだしたのも、こういうアホ。

まぁ、日本の場合、JR西日本も、マスコミも、役人も、政治家もみんなアホだけれど、よく考えればみんな日本国民ですからね。要するに、日本国民みんながアホということ。
これじゃあ、アメリカにもロシアにも中国にも韓国にも世界中からバカにされる筈だわ。アハハハハ!

人気blogランキングへ

元祖ブログランキングへ



2005年05月07日

〜痛み〜

恐いよぉ〜。

今日はこれからまたサディストの歯医者の所へ行かねば…

痛いだろうなぁ、きっと…、

オヤジだって、サディストだって、痛いものは痛いんだから。

うん?『だったら他人に痛いことをして喜ぶな!』?
うーん、おっしゃる通りですが、他人の痛みは所詮、他人の痛みでしかないのだから…それをまるで自分の痛みのように感じようとしたり、感じられると思うことの方が「傲慢」なのかも。
所詮、自分は自分、他人は他人…その絶望の中から何が出来るかが大切なのでは…なんてカッコつけたことを言ってる場合じゃないな。
痛いだろうなぁ〜、行きたくないなぁ〜。

人気blogランキングへ

元祖ブログランキングへ





2005年05月06日

〜マスコミ〜

お前ら何様のつもりじゃ〜!

突然、怒りだしてしまいましたけど…最近、毎日のようにテレビを見ては、こう叫んでる訳です。あっ、嘘つきました。本当にテレビを見て叫んでたら、かなり危ないオヤジなんで、一応、声を出さずに心の中で叫んでます。

で、何に対して腹を立てているか、というとマスコミ、新聞やテレビの記者どもです。ハイ。
ほら、この所、毎日、例の福知山線の脱線事故でJR西日本が会見を開いていますよね。その会見ではJRの人間が社長も含めて、毎日・毎晩、マスコミの記者どもに袋叩きになっている訳です。

確かに、あれだけの事故があったのに、同じ電車に乗っていて救助活動をしなかった社員、それ以上に、そいつらに「出勤して来い」と命令した上司も問題だし、ボウリング大会をやっていた社員もどうかとは思いますけどね。

でも、ですよ。でも、何でそのことで、マスコミの記者どもにあんなに偉そうに会見で言われなきゃいけないのか?

そもそも本当に大切なのは、マンションの住人も含めて事故に遭った被害者や家族にどういう対策やケアをするか、ということだし、事故を二度と起こさない為にはどうすればいいのか、ということでしょう?

そのことで、連日、会見で突き上げられるのならともかく、ボウリング大会に何人出席したかとか、その内、何人が居酒屋で酒を飲んだか?とか、そんなことで、明け方までマスコミの記者どもに糾弾されなきゃいけないのか…こんな事は事故そのものと直接には関係のない話だし、そんなことを糾弾する暇があるのなら、JR西日本だけではなくて、国の規制や指導にも問題がなかったのか?とか、国土交通省の役人どもを追求したりする方が大切じゃない?
結局、マスコミなんて、この事故をきっかけに、それこそ重箱の隅の隅までつついて、JR西日本をバッシングする「ネタ」を探しているだけな訳ですよ。


そう言えば…
『あんた、遺族の所に挨拶に行く前にポケットに手を突っ込んで歩いてただろう?人が死んでるんだぞ、何を考えてるだ!』

この前は確かこんなことを記者会見で偉そうに叫んでいる記者がいましたけど…何これ?遺族の前でポケットに手を入れたまま謝罪した、とかいうのならともかく、遺族の所に向かう途中でポケットに手を突っ込むことのどこがいけない訳?そもそもそんなことを糾弾して何になる訳?もし『インキンでキン○マが痒かったもので』とでも言われたら、『人が死んでいるのにインキンになっている場合か』とでも糾弾するつもりだった訳?

大体、マスコミの記者どもに、そんなことを糾弾する資格がどこにある訳?
そういうお前らこそ、遺族と見ればマイクやカメラを向けて、無理矢理、口を開かせてJRへの恨み言を言わせたり、涙を流す顔を撮ろう、としてるじゃない?それが家族が死んでショックを受けている人間に対する仕打ちな訳?遺族に謝罪に行く前にポケットに手を入れることの方がひどいとでも言いたい訳?…人が死んだことを何とも思ってないのは、実は、あんたらの方だろう?

はっきり言って、新聞もテレビも雑誌も…マスコミは今回の事件を「食い物、飯のタネ」にしている訳ですよ。この事件を取り上げれば、部数も増えるし、視聴率も取れるし…それどころか、いまJR西日本のスキャンダルを見つければ大スクープですよ。

例えば、もし事故の当日に風俗とかに行っていたJR西日本の社員とかを見つけ出せれば、ボウリング大会以上のネタになるし、もしその風俗がSMクラブで、行っていたのが役員だったりしたら、ますます大スクープは確実でしょう?…よく考えればバカバカしい話だけど、これが「マスコミ」の本音だし、真実。

つまり、今回の事故で、美味しい思いをしているのは「マスコミ」だけ。
そんなマスコミの奴らになんで正義の味方づらをされなきゃいけないのか…
『何でそんなことであんたらに偉そうに言われなきゃいけないんだ!正義の味方づらするな!お前ら何様のつもりじゃ〜!ドアホ!』とか、JR西日本の社長が会見で言ってくれないもんだろうか…個人的にはかなりスッキリするんだけど。


人気blogランキングへ

元祖ブログランキングへ



2005年05月05日

〜バカ親〜

どんなバカでも親になれるって変じゃない?
…ということをシミジミと感じた一日でありました。

うん?これでは話が終わってる…か?

詳しく説明すると、今日は久々に「パチンコ」に行きました。ゴールデンウィークは釘が渋いもので、あまり行く気はなかったものの、そろそろ財布の中味も厳しくなってきたし…ここは少々、期待収支が低くても稼がないと、ということで行った訳です。そうそう、これでも一応、パチンコで稼いでるもんで。

うん?話がズレて来てる…か?

で、そのパチンコ屋での話。
ゴールデンウィークということで、店内は結構、混んでいたんだけれど…とにかく、やたら小さい子供がウロウロしてる。そう、バカな父親や母親、場合によっては二人揃って小さい子供を連れて、パチンコやパチスロを打ちに来ているということ。

ちなみに、競馬場などは未成年や学生は馬券を買えないだけで、未成年どころか子供が競馬場に立ち入るのは法的にはOK。
ただし、パチンコ屋は別。こちらは「風俗営業等の規制及び業務の適正化等に関する法律」というもので、「18歳未満の立ち入りは禁止」ということになっている訳で、パチンコやパチスロをやろうがやるまいが、パチンコ屋に入ること自体が法律的にNG。パチンコ屋が法律違反、ということになってしまう。

とは言っても、店の方も客商売だし、子供をクルマの中に置いておかれて殺されちゃうよりは店の中に連れて来て貰った方が安全、ということもあって、子供を連れての入店を黙認という所も少なくない。この結果、バカな親が子供を連れてパチンコ屋に来る、ということになる訳。

もちろん、店内でも親が目を放した隙にそういう事故や誘拐に遭う危険性もあるでしょう?

たとえそういう目に遭わなくても、パチンコ屋なんてタバコの煙でモウモウだし、私も必ず耳栓をしているように耳栓なしではすぐに難聴になるぐらい、やかましい場所…小さな子供の健康にいい筈がないでしょう?

それに今日、私が行った店なんか大きな川のすぐ横で、河原には立派な公園もある訳よ。そんな場所で公園に子供を連れて行くのならともかく、パチンコ屋に子供を連れてくるなんて親として失格でしょう?

さらに言えば、大体、パチンコを打ってる親自身が大バカ
金を稼ぐ為に打っているプロやセミプロと違って、パチンコやスロットの仕組みも知らないし、もちろん、勝つ方法も何も知らずにただ打っているだけ。もちろん、たまには勝つこともあるかも知れないけれど、トータルでは負けているのが確実だし、はっきり言えば、『休みの日に子供を連れて来てでもパチンコが打ちたくてたまらない』というのは、単なる「パチンコ依存症」

そんな親に育てられる子供がまともな子供に育つ、と思う?

そもそも、子供を育てる、ということは難しくて、大変なことじゃないの?もちろん、子供の教育という面以外でも…精神的にも、経済的にも、大変なことでしょう?
自慢じゃないけど、私なんて「親」になるなんて大それたことは出来ないから、子供なんて作ってないしね。

まぁ、私のことはどうでもいいけど…何で「休みの日に子供をパチンコ屋に連れて来るようなバカな親」がいる訳?
そもそも、どんなバカでも親になれるって変じゃない?

うん?これで一番最初に戻った…か?

とにかく…実際の所、どんなバカでもセックスさえすれば親になれる訳だし、そういうバカに限って何人も子供を作っちゃったりする訳よ。

国も、そんなバカな親どもにいくら少子化だからと言って「児童手当」とか出してもしょうがないんじゃない?
子供の頭数だけ揃えりゃいいってもんじゃないんだから、親の資格試験でもやってから手当でも何でも出すようにしたら、どうなのよ?


人気blogランキングへ

元祖ブログランキングへ



2005年05月04日

〜言葉〜

オヤジ…頑張れや
俺かてお前みたいなオヤジと一緒に死ぬんは死んでもいややから


例の福知山線の事故から一週間が過ぎても、色々な話が新聞や雑誌を賑わしている訳ですけど、そんな中で目にしたのが、この言葉。

あの事故の車内では阿鼻叫喚の地獄絵図の中、乗客同士で声を掛け合ったり、励ましあったり、といったことが行われていたらしい。
そんな中、事故にあってケガをして意識を失いかけていた中年の男性の下の方に、耳にピアスをつけた、いかにも今風の若い兄ちゃんがいたらしい…その兄ちゃんも何かに脚を挟まれて身動き出来なかったらしいが、その兄ちゃんが自分の上にいる中年の男性にこう声を掛けたとか…。

これは何とか救助されて一命を取り留めた、その中年男性が車内でこんな事があった、と語っていたエピソードで、その若い兄ちゃんがどうなったのかまではその中年男性も判らなかったらしく、記事には書いて無かったけれど…

兄ちゃん、どうか生きたっててくれ!俺も含めてオヤジは、耳にピアスをつけてるようなチャラチャラした兄ちゃんは大嫌いやし、兄ちゃんたちも、みっともないオヤジ達はキモイやろ…でもなぁ、兄ちゃん、ええとこあるやん…あんたの大嫌いなオヤジも助かったや、あんたも絶対、助かった筈や…

そんなことを思いながら、涙が止まらんかった…オヤジは気持ち悪いやろうけど、涙腺モロイねん。


人気blogランキングへ

元祖ブログランキングへ



2005年05月01日

〜サディスト〜

歯医者はみんなサディストです。

今日、歯医者に行ってきました…。
ここだけの話ですが、歯医者はみんなサディストですね。うん、絶対。
変態方面でサディスト歴○十年の私が言うんですから、間違いありません。

いや、それどころかサディストの私だって、あんなに痛いことはしないかも…です。
大体、あんなドリルなんて極悪非道なものは使いませんからね。あれに比べれば鞭だなんだなんて、可愛いもんです。ハイ。

そういう訳で、変態の私としてはまるで趣味ではないことをされた訳ですが、我慢しました。まぁ、一応、いい年をこいたオヤジですからね。

ただし、許せないことが…
ホラ、歯医者とか歯科衛生士って必ず言うでしょう
『痛かったら、手を上げて教えてください』
って。
で、一応、いい年をしたオヤジとしては精一杯の我慢をした訳です、それこそ目から涙が滲むぐらいの我慢をね。それでも、我慢出来ないぐらい痛くて、条件反射とでも言うのか…自分の意思とはほぼ無関係に手が上がってしまった訳です、右手がね。

そうしたら…、
『もう少しですから我慢して下さい』って…うん?何?それ?

いい年こいた、恥も世間体もあるオヤジが涙を流すぐらい精一杯の我慢をして、それでも手が上がってしまうぐらい痛かったのに、『我慢しろ』って?うん?
だったら、私が手を上げたことの意味は一体どこにある訳?

そもそも、?『痛かったら手を上げろ』って言ったのは誰?うん?
そのセリフに一体どんな意味があった訳?

…こんな不条理なカタチで痛みを強いるなんて、サディスト以外に考えられない訳ですよ。そう、正真正銘、根っからのサディスト。その上、治療代と称して金まで巻き上げるとは…何て幸せな。いや、何てひどい。

うむ。もう少し頑張って、受験勉強して偏差値を上げて、歯学部に入るべきだった、と深く深く後悔した一日でありました。ハイ。

人気blogランキングへ

元祖ブログランキングへ




2005年04月30日

〜口臭〜

歯肉が痛い。

いや、普通は「歯が痛い」と言うでしょう?
ところがどっこい、オヤジともなると一味違います…「歯」ではなくて「歯肉」が痛くなる訳ですよ。

というのも、年を取ると歯そのものはどんどん硬くなってくるんで、虫歯なんかにはならないですけど、代りに、そう「歯周病」という奴になる訳です。だから「歯」ではなくて、「歯茎、歯肉」が炎症を起こして痛くなるという理屈。

ちなみに、この「歯周病」、昔は「歯槽膿漏」と言ってたと思うけど、「膿が漏れる」という言葉のイメージがあまりに汚いから変えたらしいんですけど…「歯槽膿漏」でいいじゃない?
『歯槽膿漏=貴方はリンゴを食べると歯茎から血が出ませんか?』ですよ(古すぎるか〜)。

でね。実は、「オヤジ=臭い」の大きな原因も、この「歯槽膿漏」…まぁ、歯茎から膿が漏れるようでは口も臭くなる訳ですけど…仕方ないでしょ?病気なんだから。
オヤジだって好き好んで、臭い口をしてる訳じゃないの…一生懸命、歯を磨いたり、マウスウォッシュをしたりしてる訳…でも、誰でも年を取ると「歯槽膿漏」になっちゃう訳よ。

ちなみに、ガン、特に胃とか食道とか消化器のガンの末期になったりすると、もっとすごい口臭がする訳。これも病気のせいだし、こういう人はそれこそ死んじゃう訳よ。

つまり、オヤジの口が臭いのは、安い酒を飲んでるとか、餃子ばっかり喰ってるからとかだけじゃない訳よ。病気が原因な訳よ。

別にだからと言って、口が臭いオヤジに喜んでキスしてくれ、なんて頼むつもりはないけど、オヤジが横に来ただけで露骨にいやな顔をして鼻の辺りをハンカチで覆うようなことまでしなくたって良くない?大体、口臭なんて喋りかけられたりしなければ匂わない訳だし…。
『あぁ、この人は病気なんだ。ものスゴク臭いから、もしかしたら歯周病とかだけではなくて末期ガンなのかも…かわいそう』とか、これくらいの想像力や思いやりを持ってもいいじゃない?

それに、臭いといえば、オバちゃんの香水なんかの方がよっぽど強烈な臭いだし、男女を問わず、思春期の中高生とかの体臭だってかなり強烈でしょう?臭い原因を全部「オヤジ」に押しつけることはないじゃない?

…なんて怒ってたら、こんな記事を発見。
うーん…なるほど。
とりあえず、明日、歯医者に行こうっと。


人気blogランキングへ

元祖ブログランキングへ




2005年04月27日

〜死亡〜

南無阿弥陀仏。

尼崎の電車事故では70人以上の人が死んでいるとか…朝、いつものように家を出ていった人が永遠に帰ってこない。こんな理不尽なことはない訳で、まさに世は無常。ただ、亡くなった人たちが極楽浄土に旅立たれることを祈るのみです。(※私は門徒なので「南無阿弥陀仏→極楽往生」ですが、宗派によっては、天国に行かれる人もいるのかも。)

で、柄にもなく「死ぬこと」について考えてみた訳ですが、死んでるですよ、オヤジが沢山…。はっきり言って、もうバタバタ死んでます。

2003年の日本全国の自殺者は「34,427人」…6年連続の過去最高だそうですけど、この中の7割は「四十代以上の男性」…つまり、オヤジなんですよ。そう、失恋を苦にした若い女性や、将来を悲観した若い男性でも、もちろん、オバちゃんでもなくて、圧倒的に自殺してるのはオヤジです、オヤジ。

仕事でリストラや倒産に追い込まれ、家族と住宅ローンを抱えて困り果て、家庭でも子育てや親の介護などの問題で苦しんで「絶望」の果てに死んでいく「オヤジ」たち…もちろん、オヤジは男性ホルモンが減少することもあって、「うつ病(初老性うつ病)」になりやすい、という
面はあるんですけどね…それにしても、死に過ぎ。

というのも、リストラや倒産してもオヤジが死ねば保険金で住宅ローンはチャラになるし、残された家族にも幾ばくかのお金は入るし…だからオヤジは一人で死んでいく訳ですよ、家族のためにね。

でも、ブクブク太って「ヨン様!」とか騒いでる座敷ブタのような「妻」や、『臭いからあっちへ行ってよ〜』なんて父親に言いながら、つまらない男たちとやりまくってるアホな「娘」や、『オヤジみたいになるのは真っ平だよ!』とかほざきながら定職にもつかないで「フリーター」で遊び廻っている頭の悪い「息子」どもの為に死ぬ必要がある訳?

どうせそんな奴らはオヤジが首になったら、声を揃えて必ずこう言う訳よ…『これから一体どうするつもりなの?』ってね。
やめようよ!そんな奴らの為に死ぬことはないって。

リストラされたり、倒産した時にこそ…例えば、『長い間、家族のためにご苦労さまでした。これからは私たちが頑張って働くから、お父さん、安心して』…こんな風に励まし、支えてくれないような家族の為に死ぬ必要なんかないって。

今日は結構、マジになってしまったけど…ご同輩、頑張りましょう。


人気blogランキングへ

元祖ブログランキングへ



2005年04月25日

〜変態〜

こっち方面です。

まぁ、「変態」といっても色々な方面がある訳ですね。ロリコン方面からフェチ方面、覗き方面、露出方面…浜の真砂は尽きるとも世に変態のタネは尽きまじ…石川五右衛門の言葉を借りれば、こんな感じかも。

で、私の場合はこっちです、こっち…。

とはいっても、オヤジでこっち方面というと、『こんなもの使ってる変態なんでしょう?』とか思う人がいるんですよね。
『オヤジ→ハゲ、デブ→SM→赤ちゃんプレイ』これってかなり根強い偏見としてあるでしょう?もちろん、こういう変態がいない訳ではないみたいですけどね、オヤジがみんなオシャブリを加えて「バブバブ」言いながらオムツを代えて貰って喜んでる訳ではない!…とちょっと力説してみました。

まぁ、私の場合はごくごくシンプルな…縛ったり、鞭で叩いたり、という古典的な…あっ、叩かれる方ではありませんから、叩く方…『オヤジ→ハゲ、デブ→女王様にピンヒールで踏まれて叩かれる→変態オヤジ大喜び』…これも偏見ですから、偏見…確かに、こういう人もいますけど。

…ここで気がついたんですけれど、「変態」が世の中の人に偏見を持たれるのは当たり前のことかも。偏見を持たれるからこそ「変態」ですし、「変態」が偏見を持たれないような世の中では、それこそ世の中の方が変な訳ですからね。

ちなみに、SM方面で言うと…何だか流行ってますね、SM。偏見を持たれるどころか、『SMって何だかオシャレ…』なんて言う風潮なのか、ブログでもチャットでもSMが大流行してます。
何てたって、こんなサイトがあるぐらいですからね。これってはっきり言って、世の中の方が変なのかも。

SMなんて変態ですよ、変態…私なんかもう20年以上もどっぷりの根っからの変態ですから…えっ?『そんなんじゃなくて、オシャレで…刺激的で…すんごい感じちゃうSMがいいの!』ですって?…勝手にせい!どアホ!


人気blogランキングへ

元祖ブログランキングへ



2005年04月23日

〜パンツ〜

パンツに興味はありません。


「オヤジ→変態→女性のパンツが好きで手鏡で覗く」という図式を思い浮かべる方もいるかも知れないので、最初におことわりをしておきます。

私は確かに「変態」ですけれど…女性のパンツとかには全く興味はありません。
もちろん、オヤジといっても男のはしくれですから、パンツの中味というか、パンツに隠された部分に興味がない訳ではないんですけどね。あんな「布地」そのものには何の興味もない訳です。
大体おかしいでしょう?布とか繊維を見て興奮するって…こことかに行ったら、そんなもの山積みですよ!山積み!…その上、触り放題!

そう、男、とくにオヤジがみんな女のパンツ…あっ、パンツは最近はズボンのことか…ショーツとかパンティーを見たがる、見て喜ぶ、という考えが間違っている訳です。

ホラ、時々、電車の中で眠りこけて脚をおっぴろげてパンツ…ショーツ…え〜い、めんどくさい。パンツ丸見えになっている若い女がいるでしょう?
そういう女の前にたまたま座ったりすることがある訳ですよ。で、その女がハッと目を覚まして、自分がパンツ丸見え態勢だったことに気がつくと、ほぼ100%、こっちを睨みつけるんですね。
『この助平オヤジ!私のパンツ、見たでしょう?』…という無言の罵りと殴りかからんばかりの形相で。

『見てないって!いや、正確には、お前みたいな○○な女のパンツなんて頼まれたって見たくないって!(※○○の部分は「ブス」、「デブ」などケースバイケース)』


ここで考えてほしいのは…もしですよ。前に座っているのが私のようなオヤジではなくて、こいつとか、こいつみたいな男だったらどうする訳?
『…あっ…私…恥ずかしい…いや〜ぁん』とか言って、顔どころか耳まで真っ赤にしてうつむくでしょう?ほぼ100%。

『何でオヤジだと、自分のパンツを見て喜ぶと思う訳?何でオヤジにパンツを見せてしまうと恥ずかしがらずに怒る訳?それともオヤジにパンツを見られるとパンツが汚れる、とでも言いたい訳?そんなものオヤジに見られる前からオ○モノで汚れてるわい!』


…と叫んでやりたい…一度。

人気blogランキングへ

元祖ブログランキングへ


2005年04月22日

〜ブログ〜

ブログ…7つ持ってます。



だからどうした?なんですけどね…ホラ、やっぱり七つは多すぎるでしょう。最近、スパムメールとかでも話題になる「ネット上の環境資源の無駄遣い」という奴ですね。こっちはタダだからいいものの、それぞれのブログがサーバーの容量を喰っている訳ですから…これは大変、反省すべき行いでしょう。

で、反省しつつも、なぜこんなにブログが増えてしまったか、考察してみることにしました。
まず、最初に作ったのが「変態」のブログ…いや、何だか『あなたの書いたものが読んでみたいわ〜』なんて言われてつくっちゃいました。ホラ、オヤジは甘いものを食べると血糖値が上がるくせに甘い言葉に弱い訳です。

ところが、このブログは、あまりに小泉首相がアホなもんで、変態ブログから、いまの日本を憂う「政治経済」ブログに急遽、模様替えしました。

でも、「変態」もやめた訳ではないので、変態ブログも追加。ところが、この変態ブログで変態画像をアップしてたらサイトの管理者から怒られたもので、危ない画像OKのサイトに変態専用の変態ブログを追加。(ちなみに、ここは例の所で、あの買い占め騒動の時に『アダルトで商売しているような奴と業務提携なんて出来るか』と言った人がいるとか、いないとか…)

もう一つ。「パチンコ」も私にとっては大切な金儲けの手段なので、このプログも追加…それも表では言えないことが増えたりして来て裏ブログも追加。さらに、最近、どうもそこのブログサイトの調子が悪いのでミラーサイトも追加。
えーと、これで幾つでしたっけ?…六つですよね。

で、最後に、このブログを作りました。これで七つ。

何で、この七つ目のブログが必要だったかと言えば…要するに問題は、今までのブログはどれも自分的に今ひとつな訳ですよ。

小泉首相のアホ加減には今でも腹が立っているものの、私自身はスケベな変態オヤジですし…バチンコは今も打ってるし、これで結構、稼いでる訳ですけど…やっぱり私自身はスケベな変態オヤジですし…。

変態ブログの方も…やっぱり私自身はスケベな変態オヤジですけど、下心もある訳です。ブログを読んだ女性に…『素敵…この人に是非…』なんて思われたいし、夢とすれば、そんなメールがいつかは届いてほしい、と…来たことないですけどね。
だから、カッコつける訳です。「変態」は隠さないけど、「オヤジ」は隠す。嘘は書かないけど、都合の悪いことはあえて書かない。『きっと…この人はとても素敵な人なんだわ…』と思われなくてはいけない訳ですから、「オヤジ」は封印です。トップシークレット&企業秘密。

…となると、実はどのブログにも「本音」を書けなくなってしまう訳です。
小泉首相や今の日本に腹も立ててるけど、パチンコで稼いでいて、スケベで変態…その上、正真正銘のオヤジである私の「本音」はどこに書けばいいの?

ということで、このブログが登場。
ここは私的にはブログのポータルサイトです。「YAHOO!」とかです。
「本音」だけ、書きたいことだけを書きます。 「2ちゃん」とかです。
パチンコで稼いでいて、スケベで変態…その上、正真正銘のオヤジである私のごった煮です。
「オヤジのおじや」です。

『オヤジのおじや…不味そう』と思ったあなたは正しい。旨い訳ないです。
『でも、意外に食べてみると旨かったりして…』と思ったあなたは間違ってます。旨い訳ないです。不味いです。
『不味い、不味い、と言われると、逆に食べたくなったりして…』と思ったあなたは…




















正解です。それが私の狙いですので、これからも宜しくです。ハイ。

人気blogランキングへ

元祖ブログランキングへ


2005年04月21日

〜自己紹介〜

石田純一と同い年です…。



と書いたものの、後が続かないじゃないか…


でも、靴下はいつも履いてます。
…臭いですけど、靴下






ますます後が続かない…


同じように結婚も2回してますけど





「だからどうした?」と言う声が…


でも、麻薬で捕まるような子供、いや、そもそも子供そのものがいないんですけどね






ちなみに、石田純一ってどうなんだろう?

『あんなかっこいいオヤジなら抱かれてみたいかも…』なんて昔は言われてたこともあったみたいだけど…今はそんな奴いないでしょう。
単なる笑いものというか、笑われもの…『一体、何を気取ってるのかしら?』とか、『またスケベな顔して隣の若い女性タレントを口説いてる!』とか『こんなんだから長谷川理恵に振られるんじゃない、ばっかみたい!』などなど…テレビの前で見ている奴ら全員の嘲笑を集めることで喰ってる「商売」でしょう?正味な話。

見た目はかっこいいし、帰国子女で英語は出来るし、金だってあるし、学歴だって早稲田中退だからね…ある訳だし…それでもみんなの嘲笑の対象。

私なんか見た目…話題を変えます。金…これもやめましょう。
英語…I cannot speak English. Please talk more slowly!!
学歴…大阪ドームの目立つ所に何故か私の出た大学の看板が貼ってあるんだけれど、ウチのかみさんも含めて名前をちゃんと読めた奴がいないぐらい…。

こういったことから導き出される結論は…

石田純一が嘲笑の対象なら私を筆頭にそこいら辺に転がってるオヤジなんぞ嘲笑を集めるどころか、誰の関心も集めない…無視ですね。無視…いや、無視?虫?
…虫以下の存在?…オヤジは虫以下なのか!?


人気blogランキングへ

元祖ブログランキングへ





広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。